「思考は現実を作るの?」

「思考は現実を作る」という言葉をよく聞きますよね。

「これって、考えた事がそのまま現実になるんですか?

それなら、怖いんですけど…」

というかたがいらっしゃったので、ブログの記事にしてみます。

今考えた事が今すぐいきなり現実にはなるという意味ではありません。

今の現実は、過去の自分の行動の積み重ねが作っていますよね?


では過去の行動は、何がベースになっているか?は、

自分の感情や思考の影響を受けています。

思考が現実を作るとは、

言い換えれば、

「過去の思考や感情が今の現実を作ってきた。」

「今の思考や感情が未来の現実を作る。」

という意味になります。

だから、もし、今後の現実を変えたいと思えば、自分の思考や感情を変えればいいわけです。

じゃー簡単やん!

考えかたを変えたらいいんやん!ってなりますよね。

出来る人にとっては簡単なのかもしれません。

だけど、思考を本気で変えるのも反応である感情を変えるのも難しいものです。

ちょっと、少し話はそれますが、
今断捨離が流行っていますね。

例えばクローゼットが、服でパンパンになっている、という現実があるとします。

断捨離をするなら、
クローゼットから服を出して、何が入っているのかを認識する事から始まりますよね。

次に、必要、不要を考えて、分けますよね。

不要ものは捨てればいいわけです。


そして、またいつかパンパンになったら、断捨離をしてもいいわけですが…

もし、繰り返すクローゼットパンパンの断捨離をもう二度としたくない、と思ったら、この方法ではダメですよね。

なぜ、これ、(不要なもの)を買ったのか?

必要と判断したものは、なぜ今も必要だと思えるのか?

ということを考える事で、
自分を知る事が出来ます。

この現実を招いた自分の買物への考えと行動パターンが初めて分かります。

分かるからこそ、不都合な過去の考えを改める事ができ、過去の考えや行動パターンを手放す事が可能になります。

大きい意味での現実も、クローゼットパンパンの現実も、同じ事ですね。

現実を変えたければ、自分の思考の中身を知ることです。

そして、今に不要な考えは手放すことです。

手放す事で、今の自分に本当に必要な新しい思考が手に入ります。

新しい思考は、新しい現実を作りますね!

(またもう少し具体的に、詳しく書きますね。)

新しい現実を作りたい人は、過去の自分の考えかたに気がついてくださいね。

一人で難しいかたは、カウンセリングにぜひお越しくださいね。

皆さまのお越しをお待ちしています。