皆さま、こんばんは。(^-^)

うつ症状・人間関係改善に特化したカウンセリングサロン

フィールハートの豊福多美子です。

 

あれから大阪のほうは、まだ余震が続いているそうですね。

子供時代に、

地震、雷、火事、親父

が本当に怖い順番だと、聞いた時は、地震が怖いという認識はありませんでした。

 

だけとよく考えると、予測が全く出来ないですし、注意をする事にも、限界がありますよね。

地震の研究をされているかたは、この地震の前日に、地震雲が出ていたとおっしゃっているかたもいましたが…。

 

この予期しない時に遭遇した恐怖、というのが、トラウマになりやすいものです。

過去に大地震にあったかたにとっては、さらに怖い気持ちになられた事と思います。

 

地震の話とは違う話ですが、

私は子供時代、普通に暮らしていたと思っていたら、ある日、母がいなくなった…。

 

これは私の大きなトラウマになりました。

(母がいなくなったのは、期間にして1年で、その後また一緒に暮らし始め、

以後こんな事はなかったのですが…

母が戻ってきても心の底から安心する事はなかったんですよね。)

 

だけど、厳密には、普通には暮らすというのは、表面上の事で、

母の様子が少しおかしい事を、どこか察知していました。

 

だから、普通にのんきに暮らしていた自分を責めました。

 

わかっていたのに、どうして、うっかり遊びに行ったんだろう…

どうして私も付いていく、と言わなかったんだろう…と

 

なんども後悔しました。

 

今思うと、後悔する事で、無意識に、次を防ごうと備えていたのだと思います。

 

だからだんだん自分ののんきな性格を責め、常に人の気持ちの奥を読み取ろうとして、

(意識的ではなく)人を信じない作戦を立てました。

 

きっと、どの人も自分の目の前からいなくなるから、と安心しすぎないように、

いつも心の準備をするようになっていきました。

 

こんな生き方はどんどん苦しくなります。

 

特に恋愛の時代にはこの恐怖が幸せを遠のけました。

 

いつ別れてもいいという気持ち(無意識)で人と付き合うわけですから、

付き合うという事には不安しかなく、うまくいくわけありません。

 

その頃、自分は間違いなく相手から捨てられる!と思い込んでいる事だけ、

はっきり言い切れると自信のようなものがありました。

 

だけど、これは、私を捨てるつもりのない人へも、発生する気持ちなので、

過去、向けられた人に対して今思えば、悪かったなぁ…、迷惑かけたなぁ…と思っています。

 

不意打ち的に、怖い気持ちを味わうと、それを避けるために、いろいろと自分しかわからない、

ややこしい生き方の工夫をするようになります。

 

自分のための工夫なのですが、自分にとっては、不安で悲しい気持ちは無くならず、

どんどん自分で自分にも疲れきます。

 

でも怖くて手放せない…

 

ツライ…

 

だからやっぱりこの生き方しか無理…ともとに戻る場合がほとんどです。

 

人それぞれ内容は違うかもしれませんが、自分を自分で苦しめているかも…

と感じる何かがあるかたは、話をお聞かせくださいね。

 

過去のトラウマによるものかもしれません。

 

そして、そんな場合、ヒプノセラピーがおススメです。

 

気になるかたは是非お待ちしています。

 

===にほんブログ村さんのランキングに参加しています♪===
いつも応援ポチッとありがとうございます!
『読んだよ~』の印に下のバナーをポチっとして下さるととっても嬉しいです(*^o^*)
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ

===7/8月開催「聴けるママ講座」は残り1席となりました===

===9/10月開催「聴けるママ講座」は残り3席です===

~聴けるママ講座はこんな方におススメです~
□子供を愛情豊かな強い子に育てたい
□職業としてのセラピストまでは考えていない
□コミニュケーション技術を学びたい
□ホームセラピストの存在になりたい
□身近な人の話を聴いてあげたい

 

===公式メールマガジンのご案内===
フィールハートサロンのメールマガジンはじめました。
※メルマガをご購読頂くと豊福のメルマガが届きます。