過去に戻りたいのは喪失感?

皆さま、こんばんは。(^-^)

うつ症状・人間関係改善に特化した

心理セラピーサロン フィールハートの豊福多美子です。

 

先日出かけた先で紅い葉を発見しました。

もう周りの木はほとんど冬って感じでしたが、一本だけ紅くなっていました。紅くなる時期はそれぞれなんですね。

 

私は子供の頃、漠然と自分の幸せはきっとずっーと先にあると信じていました。

こんなにツライ出来事は人生の最初にまとまってきているんだ、と思い込ませていたようにも思います。

だから過ぎていけばいい、我慢をして早く過ぎていく事だけを願っていました。

 

そして、大人になって、
いろいろあって、でも驚くほど嬉しい事もあったり、また落胆したり、
木に例えると一旦葉っぱ全て枯れて、新しい新芽が現れて、今ほぼ順調に四季を過ごせるようになりました。

 

あの時代に戻りたい、
あの頃が良かった、
と、全く後悔がないわけではありませんが…

 

それは環境、暮らし、出来事に対してのみです。

やっぱり今の自分が一番いいと思っています。

この身体では、人生は一度きりです。

 

いつも今の自分を好きでいれる自分でありたいです。

でも、もし、今の自分でも過去の自分でも、

どうしても過去に戻りたい、
今を生きるのがツライ、

という気持ちがが強い場合は、何かの喪失感が大きいのだと思います。

物理的に喪失したものを全く同じように再現する事は、難しいことかもしれません。

 

ですが、そんな場合は、何年も経って記憶では過去の出来事になったとしても、喪失した時代の心や身体に寄り添う必要があります。

カウンセリングやヒプノセラピーをぜひ受けて頂きたいと思います

 

私も喪失のツラさを知っています。

そして乗り越えました。

ひとりで抱えずお話にいらしてくださいね。

 

●公式ライン@のご登録お願いします。

※ブログやメルマガでは話さない、日常のことなど配信しています。

●「自分を好きになれるメールマガジン」はこちら